« 同じ失敗・・・ | トップページ | お友達訪問 »

悲しいお別れ

12月13日、お友達のお父さんのお通夜に行ってきました。

御年83歳。こよなく動物を愛するお父さんでした。

保護ワンコを家族に迎え入れ公園の猫のお世話をし

道路に猫の死体があればこれ以上轢かれない様にと

持って帰って埋葬してくれてた方でした。

公園の猫ちゃんのが木から下りれなくなったときは

消防署にはしご車の出動を要請し公園近所の方と餌やリの

事でトラブルになったときもきちんと片づけまでしてる事など話して

理解してもらえるように努めていました。

曲がった事が嫌い弱いものの見方。頼もしいお父さん。

でも家族は猫ちゃんを保護してくるから振り回されて困ったけれど。。

ずいぶん前に読んだ本で「猫たちを救う犬」と言うのがありました。

(タイトル合ってるかな?)

障害をもった子猫ばかり発見するワンコの話しです。

このワンコも保護ワンコなのですが・・・

その本の中に亡くなって虹の橋を渡るとき迎えに来てくれるのは

やはりワンニャンだということが書いてありました。

だからこのお父さんも今までお世話したワンニャンがわんさか

お迎えに来てくれてると思うのです。

きっとそうですよね・・・

ご冥福をお祈りいたします。

あっ・・・命日が12月12日。わんにゃんわんにゃん。

無関係だとは思えない私です。

|

« 同じ失敗・・・ | トップページ | お友達訪問 »

コメント

お亡くなりになられましたお友達のお父様のご冥福を
心より、心よりお祈りいたします。

私も、子供の頃から動物が大好きで、
幸せでない動物達を見たり知ったりする度に
とてもとても心を痛めます。

でも、いつもそれだけです。
何もすることは出来ません。
だから自分の中でいっぱい言い訳をします。
「一人暮らしだから・・・」
「賃貸住宅だから・・・」
「家を空けなければいけない仕事だから・・・」
「さくらがいるから・・・」

実際に行動を起こしていらっしゃる方々には
本当に頭が下がる思いです。
心から尊敬します。
何も出来ない自身を照らし恥ずかしくすら思います。

わんにゃん、わんにゃんの日に
息をお引き取りになられたお父様、
間違いなくたくさんのわんこ達、にゃんこ達が
お迎えにみえたことと思います。

とてもとてもいい話を聞かせていただきました。
sachikoさん、ありがとうございましたm(__)m

投稿: さくらのママ | 2007年12月16日 (日) 21時06分

お友達のお父様のご冥福をお祈りいたします。

気持はあっても、なかなか出来ないこと。
そのお父様はその「出来ない」ことを実践してらした。尊敬します。
わんにゃんわんにゃんの日に旅立たれた、何か意味があるのかもしれません。
きっと命を救われたたくさんの子たちがお迎えにきてくれたのでしょうね。

投稿: siromi | 2007年12月16日 (日) 21時16分

私も13日、お通夜に行ってきました。
同じマンションの92歳のお婆ちゃん。
先週、娘さん(私より年上の)に駐輪場お会いして
「ルビーちゃん元気?」と声を掛けて頂き、
亡くなったことをお伝えすると、涙を流してくださいました。

ルビーとお散歩していた時、お婆ちゃんのお散歩時間と重なることが多く
以前、ゴルを飼っていたことなど犬話をしました。
今年、マルチーズを亡くされて少し気落ちされていましたが
きっとお婆ちゃんを迎えにきて再会を果たしているのでしょうねぇ。

私、お経を聞いたら・・・ルビーが亡くなった日を思い出してしまいました。
泣きそうになって、足早にお焼香を済ませました。


お友達のお父様のご冥福をお祈りします。

投稿: ルビママ | 2007年12月17日 (月) 09時29分

私は14日に叔父のお葬式に行って来ました。
お別れっていやですね。切ないです。
お友達のお父様のこと。にゃんこの神様が守ってくれる
から大丈夫ってお話してたのに、残念です。
私も以前聞いたことがあります。
亡くなってすぐに会うのが動物だって。。。
今頃はきっとたくさんの動物たちに囲まれていますね。
ご冥福をお祈りします。。。

投稿: ロンの母 | 2007年12月17日 (月) 11時05分

世の中には素敵な方がいっぱいいるんですね。
私はたまたま今日、職場に退職届を叩きつけてきてしまいました。
私も曲がったことは好きじゃないので、おじ様の事尊敬します。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: an太郎 | 2007年12月18日 (火) 18時46分

さくらのママさんへ

有り難うございます。
私も思うだけでなかなか行動できません。
でもこのお父さんはスゴイ方だったの。
「悪いのは動物ではない、捨てた人間だ」って
いつも言ってました。
入院した時も鳩に餌付けして看護師さんに注意受けてたわ(爆)
きっと今頃歴代のワンコと猫ちゃんがお迎えに来てくれてると信じています。

投稿: sachiko | 2007年12月18日 (火) 21時43分

siromiさんへ

有り難うございます。
今頃たくさんのワンニャンがお迎えに来てくれてると思います。
ワンコが足が立たなくなった時マッサージしたり温泉のお湯で拭いたりしてほんと大事に大事にしていました。色んな事が思い出されます。
とても尊敬してたお父さんでした。

投稿: sachiko | 2007年12月18日 (火) 21時45分

ルビママさんへ

有り難うございます。
きっと同じマンションのお婆ちゃんもゴルちゃんやマルちゃんがお迎えに来てくれてますよ。
ルビーちゃんを見送ったばかりのママさんにお経はつらいですね・・・
でも皆きっと再会できますよ、そう信じています。

投稿: sachiko | 2007年12月18日 (火) 21時54分

ロンの母さんへ

有り難うございます。
猫の神様がついてるから大丈夫って信じていたけれど・・・でも1ヶ月以上頑張ってくれました。
今頃たくさんのワンニャンがお迎えに来てくれてると思います。
お父さんはこれからも私の尊敬するお父さんですよ。

投稿: sachiko | 2007年12月18日 (火) 21時57分

an太郎さんへ

有り難うございます。
お父さんは実直な方でした。
私に「家宝を与える」と言って猫ちゃんを託されそうになったこと思い出しましたよ~。
え?an太郎さんーーー!何があったのですか?
退職届を出されたの??キャーー!どうしましょう・・・

投稿: sachiko | 2007年12月18日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じ失敗・・・ | トップページ | お友達訪問 »